ブログ
2020年4月~2021年3月
兵庫県立但馬やまびこの郷 >ブログ>2020年4月~2021年3月 >別れの 春・・・

別れの 春・・・

お別れメッセージ(まっちぃ)
まっちぃからみなさんへ

やまびこ小中学校7年生、まっちぃです。
やまびこを卒業することになりました。
月並みなのですが、本当にあっという間でした。
初めての泊まりは、ドキドキでした。
一緒に泊まったふたりの子どもたち。
あの時のことは、今でもわすれられません。
一緒に笑って、一緒に泣いて、、、
いつも、みんなの力になれたら、と思っていましたが、
本当はわたしの方が元気をもらっていたと思います。
活動プログラムを通して少しずつ元気になっていく子どもたち。
元気になっていく子どもたちとともに笑顔になっていかれる保護者の方々。
何年たっても、やまびこの郷ですごしたことを忘れず
連絡をくださる卒業生や保護者のみなさま。
卒業しても、やまびこの郷が心の拠り所として、
心の原風景としてあり続けていることに、
やまびこの郷の存在意義と人と人とのつながりの尊さを感じないではいられません。
支えていると思いながら、実は支えられていること
「人は 人の中で 人となる」
やはりわたしはこの言葉が大好きです。
出会えた全ての方々とのご縁に感謝します。
そして、これから出会うであろう方々とのご縁も大切にしていきたいと思います。
「さようなら」
は言わないでおきます。
「フェスタで会いましょう!」
 
お別れメッセージ(ニッシー)
ニッシーからみなさんへ

「虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃ。」
米国の歌手 ドリー・パートンの言葉です。
先日、まこさんから
「No Rain、No Rainbow」という言葉を教わったあと、
しばらくしてこの言葉にも出会いました。
2つの言葉は少し言い回しは異なりますが、
共通するものがあるようでどちらも気に入っています。

ニッシーは、ニッシーの虹を探しに行きます。
ありがとう、やまびこ
ありがとう、みんな

みんなもすてきな虹に会えるといいね。
 
お別れメッセージ(てるみん)
てるみんから みなさんへ

おひさしぶりです。いかがお過ごしですか?
この3月で、"やまびこ"を離れることになりました。
とてもさみしいですが、しかたありません。
"やまびこ"で一緒に過ごす中で、
みなさんが大きく変わっていく様子に驚き、元気をもらいました。
みなさんが、悩みながらも、自分で決め、様々なことをやり抜いていく。
ゆっくりと着実に成長していく様子を感じながら、
充実した毎日を過ごすことができました。
ありがとう。

そんなみなさんに、はなむけの言葉を贈ります。
これからも、優しく、強い心を持って、プラス思考で生きていってください。
これからの人生、優しい気持ちを持つことで、
傷つくことや、自分を責めて苦しくなることがあるかもしれません。
うまくいかないこともあるかと思います。
そんなときこそ、プラス思考でポジティブに考えてくださいね!
一度きりの人生です。
やりたいことにも挑戦してみましょう。
みなさん、お元気で。
町でみかけたら、声をかけてください。
 
お別れメッセージ(がんちゃん)
がんちゃんからみなさんへ

あっという間の1年間でした。
みんなと過ごした楽しい時間は忘れられません。

「スポーツ」でダンスを教えてもらったおかげで、
ほんの少しダンス能力が向上しました。

「製作」で根気強くプラ板に取り組む姿をみて、
あきらめない気持ちが芽生えました。

「遠くへ出かけよう」で海釣りをして、
魚釣りの楽しさを知りました。

「料理を作ろう」」でたくさんの料理を作り、
レパートリーが広がりました。

やまびこタイムで楽器を演奏し、ビリヤードをして
すてきな時間を過ごしました。

やまびこの郷でみんなと出会い、
いろいろな経験をすることで
がんちゃんは成長することができました。

みんなもやまびこの郷で
いろいろな人と出会い、
ワクワクすることをたくさん経験してほしいなと思います。
やまびこの郷はいつでもみんなを待っています。

みんな元気でね。
またどこかで会いましょう。
 
お別れメッセージ(きゃすりん)
きゃすりんからみなさんへ

どうもどうも、
「目だけ少女漫画」のきゃすりんです。

やまびこワールドでは、2年間お世話になりました。
毎日最高に楽しい日々で、
やまびこの郷にやって来る子どもたちや保護者のみなさんから
逆にこちらの方が元気をもらっていました。
もうお別れ・・・となると、「目から何か」が出てきてしまいます・・・。
いや、目薬ではありませんよ~・・・。

思い出はたくさんあり過ぎて選べないですが、
澄んだ青空と豊かな緑が広がる中、
のびのび広場でみなさんとスポーツを楽しんだことが特に印象に残っています。
やまびこの豊かな自然と、みなさんの笑顔、そして楽しそうな歓声、傾く夕陽が
調和して、とってもステキな時間でした。

今年度は残念ながら宿泊ができませんでしたが、
そんな中でも、多くの子どもたちや保護者のみなさんに来てもらいました。
新スタッフが待っています。どうぞまたやまびこに来てくださいね。

2年間、来所者のみなさんを駐車場で見送り続け、コケ続けました。
一体、この2年間で何度コケたことか・・・。

きゃすりんはこれからも、あちこちでコケ続けます・・・!
んでもって、コケる度に、また必死で起き上がり続けます・・・!
10代の頃から大切にしている「七転八起」の精神です。

それでは・・・・・・「達者でな~」(^o^)/
 
お別れメッセージ(つかっちゃん)
つかっちゃんから みなさんへ

みなさん、元気にしていますか?つかっちゃんです
最近は暖かくなって、きれいな花もいろいろ咲き始めて
イロトリドリな世界になってきましたね。

つかっちゃんが、やまびこに来て一年がたちました。あっという間の一年でした。
やまびこでの一年の生活は、みんなに出会えたから本当にイロトリドリな一年でした。

みんなはそれぞれ、ステキな色を持っていました。
優しい色、積極的な色、全力な色、落ち着いた色、ちょっと不安になりがちな色・・・

みんな違った色をもっていましたが、みんなが共通して持っている色がありました
それは、「目の前や隣にいる人を大切にできる」色です
その色を持っているのに気づいている人、まだ気づいていない人と様々でしたが、
みんながそれを持っていました
その色はこれから様々なものを輝かせる大事な色です。
どうか、大切にしてください。

つかっちゃんは4月からもいるわ、と思ってくれていた人がもしいたなら、
こんな形でバイバイになってごめんなさい
みんながそれぞれの場所で、それぞれのやり方で、それぞれのペースで
輝いていくことを祈っています。

出会ってくれてありがとう!素敵な一年にしてくれてありがとう!
 
2020年4月~2021年3月