ブログ
2019年4月~2020年3月
兵庫県立但馬やまびこの郷 >ブログ>2019年4月~2020年3月 >第34週がはじまりました

第34週がはじまりました

笑顔いっぱい!!
2月28日(金)曇り
活動の振り返り、お別れ会、中学3年生卒業式


最終日は子どもたちが3人となりました。
今週の子どもたちが素敵だったのは、みんなで活動を楽しむところでした。
活動プログラムも、活動と活動の間のやまびこタイムも、遠くへ出かけるバスの中も
笑顔と笑い声であふれていたと、お別れ会でのスタッフからのコメントにありました。
初めてのお泊まりだったNちゃんは、初めてとは思えないほど安心して楽しんでくれたようです。
Sちゃんは、いつも明るく誰にでも声をかけてくれ、自然に「ありがとう」と感謝の言葉がたくさん聞かれました。

卒業式では、、、
やまびこの郷に連れてきてくれた保護者に対して感謝の言葉を述べるMちゃんの姿に
初めて当所を訪れてくれた日のことを思い出して胸が熱くなりました。
スタッフにも感謝の言葉があり、涙があふれました。
一緒に過ごした他の子へも、このメンバーで良かったと思いを述べてくれました。
そして、「今週は製作の時間がないので作ってきました」と
百人一首の歌を書いたしおりをスタッフ、一緒に泊まった子、保護者の方へプレゼント。
またまた心が温かくなりました。
保護者の方からも、
「やまびこの郷に来るようになってから、とても成長したと思います。友だちっていいな、と口に出すようになり、
 いろいろな人ともっと話したいと本人の口から聞くことができて、とても嬉しかったです」
と笑顔でお話がありました。

自然豊かな但馬やまびこの郷で、人とふれあいながら活動して次の一歩を踏み出すエネルギーをためる。
これからも、そんな場所であり続けたいとの思いを強くしました。

(書き手:まっちぃ)







 
誰と行くかが大事なんです!
2月27日(木) 天気:曇り時々雨
「遠くへ出かけよう」 城崎散策、円山川公苑



やまびこの郷を出る直前には雪が舞っていた天気も、城崎に近づくと青空が見え始め安心。
足湯を目指して城崎駅前を元気に出発ました。

薬師公園ポケットパーク横の足湯まで約800m。
行く手をスイーツやコロッケ、そして磯の匂いが阻みます。
途中何度も足を止めながらも、無事に足湯に到着。ホッコリしました(^^)

円山川公苑に移動して、おいしいお弁当を食べてからスケート開始です。

それぞれ自分に合った滑り方で練習を続けている子が多い中、
初めて滑る子が、経験者を見つめながら「かっこいいなぁ~」とつぶやき、
自分もひたむきに練習をがんばる姿が印象的でした。

今シーズンの「遠くへ出かけよう」は、結局1度もスキーに行くことなく終わりましたが
どこに出かけても毎回子どもたちが笑顔をたくさん見せてくれました。

どこに行くかではなく、誰と行くか。

写真の通り、みんなの心がつながった最高の一日でした。
(書き手 ガックン)
やりたいことに夢中になれる!!
2月26日(水)曇り
自分で選ぼう(スポーツ活動)


「とってもよく話を聞いて、活動してくれました!」
担当スタッフのきゃすりんとぼーちゃん。
それぞれが、一生懸命に活動し、仲間の頑張りや良いプレーには拍手が起こる。
和やかな雰囲気の中、精一杯体を動かす姿が見られたようです。

みんなで、ダッシュやリレー、鬼ごっこ、ドッジボールをした後は、自分で選ぶスポーツ。
曇り空でしたが、のびのび広場でテニスをしたり自転車に乗ったり。
虹の館では、バスケットボールやバブルサッカー。
特にバドミントンが大人気で、チーム戦が大盛り上がりだったとなっぴーに聞きました。

思い切り体を動かして、心地よい疲れ。
きっと夕食が美味しかったことと思います。

(書き手:まっちぃ)
 
ザ・リクエストメニュー!
2月26日(水)曇り
料理を作ろう(キーマカレー、ナン、ポトフ風スープ)


今日は、リクエストメニューです!
楽しそうな声が聞こえてきます。
製作のへやをのぞくと、ただいまナンの生地作り真っ最中です。
「こんちゃ~ん、あと何分こねますか?」
「う~ん、あと3分お願いしま~す」
子どもたちがそれぞれボウルに入った生地を、なめらかなお肌になるまでしっかりこねます。
こね終わってひとまとめにし、発酵を待つ間にスープ担当、カレー担当に分かれて下準備。

次に見に行くと、カレー担当の方は大きなお鍋にミンチ投入。
優しく弱火で炒めた後はニンジン、タマネギの荒みじん切り投入。
炒めて、火が通ったら、次はニンニクとショウガです。
「チューブから10センチだって!」
「じゃあ、皿に定規を当てて測ったら?」
「いいね~!」
「ナイス!!」
と会話が弾みます。
スープ担当も、お鍋に切った具材が入り、コンソメのいい香りがしています。

生地を寝かせていたナンも、手際よく成形して、食堂と製作のへやに分かれて焼き上げます。
何度も味見をしたというスープとカレーも自信作!!
手際もよいのですが、活動そのものをたのしんでくれていて、
それを見ているスタッフが嬉しくなりました。

「昼食の準備ができました」
スタッフのガックンの放送を合図に、いそいそと食堂へ。
「うわあ!レストランで出てきてもおかしくない仕上がり~!!」
「美味しい、美味しい!」
と舌鼓を打ちました。ごちそうさまでした。

(書き手:まっちぃ)







 
ぎゅっと詰まった、3泊4日に
2月25日(火)曇り
出会いの集い、お互いを知ろう


やまびこの郷の入所も35回のうち残り2回となりました。

久しぶりにやって来てくれた人もあれば、今回初宿泊の人も。
今週は3泊4日。
1日少ないのですが、その分ぎゅっと詰まった中身の濃い週になるといいなあと思っています。

今週もなっぴーからは、新型コロナウイルスをはじめ、ウイルス感染症予防のお話をさせてもらいました。
また、出会いの集いの前に検温と健康チェックをさせていただきました。
いつものうがいや手洗いに加えてアルコール消毒をしてもらうことや、マスクによる咳エチケットについてもお願いしています。
みんなが、元気で過ごせるようにと願っています。
そのためにできることをさせていただいています。

まずは、今週の活動プログラムを精一杯楽しんでもらいたいです。
そして、活動の中での人とのかかわりを通して自分の良さを発見するとともに、一緒に活動している仲間の良さを発見してもらえたら嬉しいです。

(書き手:まっちぃ)






 
2019年4月~2020年3月